OHC
エレキギターの裏に彫らせて頂きました
                     (神奈川県の小林様のご依頼です)
1、現物を宅急便で送って頂きました。
    「龍」の絵、お名前の概略のレイアウトを指定して送って頂きました。龍のデータ(jpg)、文字の仕様はメールで送って頂きました。

材質はマホガニーで塗装が厚いため、塗装がどの程度彫刻の仕上がりに影響するかが問題でした。
  
2、龍の画像処理
画像取り込み→レーザー加工に適した画像に修正しました。

画像が複雑でしたので処理に思いのほか時間がかかりました。(ただし、画像によっては簡単にできます)
3、レーザー加工
板(マホガニー)そのものは彫刻に適しており彫刻は綺麗に仕上がるのですが、塗装の油分の影響で彫刻部分は黒く仕上がりました。(写真では見難いですが)

水平出し、位置決めに大変苦労しました。
(拡大) 失敗は許されないものですから、時間は最初考えていたより多くかかりました。

依頼者の小林様には失敗のリスクも覚悟していただきましたが、何とか予想していたものに近いものが出来上がりました。


アクセス解析