書道の文字を彫刻したオリジナル額が出来るまでの流れ
     あるお客様の過程をご紹介致します。
      ---お申し込みはこちら
1、書道の先生に書いて頂きました
    彫刻する額に近い大きさの書を書いて頂きました。

大きさは後で修正できますが、出来る限り大きさは同じ程度にして頂いた方が助かります。


2、画像処理します
上記をスキャナーで呼び込み、データ処理します。ここでは、彫刻に適した画像に修正します。
この過程が彫刻の出来、不出来を決定する大きな要因(ノーハウ)となります。
3、レーザー加工します

これは梨の木です。
大きさ:430mx200mmx25mm。

こんな大きな梨の木は滅多にありません。

彫った文字を色付け(黒色と朱色)しました。


お問合せはこちらまで


アクセス解析