OHC
やしの実ストラップ

熱帯雨林のやしの木の伐採を出来る限り無くす為、ぞうげやしの種から作ったストラップをご紹介します。
エクアドルからの輸入グッズです。
以前はボタンとして使用されて来ましたが、プラスティックの出現に伴い使われなくなってきています。この熱帯資源を有効に使い、CO2対策の一助として商品化されています。

非常に硬くて、ツルツルしていて彫刻には向いています。
象牙やしの種は卵大の大きさで皮が付いている方が表側で、白っぽい方が内側です。下の写真のように皮の方側を彫れば、彫ったところが白くなります。

左は大学の校章、右は文字「夢」を彫っています。
作製例(校章)


下は染色したものでストラップにした例です。

↑皮側です。(曲面状になっています)

↑反対側に彫ります。(亥のストラップ
平面状になっていて、彫ったところが白くなります。
こんなに小さな文字も彫刻できます。


こんなストラップもあります。

このように、ご希望の文字を彫ります。
 ご購入は→メールでお問合せ下さい。

オリジナルストラップにも最適です。
  


アクセス解析