OHC
プラスチック真空成形

 真空成形?と聞かれてどんな事するのか分る方はあまり居ないと思います
 しかし、コンビニエンスの弁当の容器と言うと分る方がほとんどです、真空成形は
 食品容器から工業容器まで幅広く活躍しています。 なぜ真空成形でなければだめなのか?
 また、真空成形ではだめなのかを成形方法で比較してみました。
真空成形 押し出し成形(インジェクション) ブロー成形
金型費 10〜100万程度 100万〜数億程度 100〜500万程度
成形機価格 1500〜5000万 1000万〜数億 500〜2000万
製品価格 全体的に安い 大きさにより高い ほとんど高額
成形時間 10秒程度 30〜数分 30秒程度
量産性 少量可 最低万単位 少量可
型替時間 10分〜1時間 1〜数時間 1〜数時間
形状 多種対応 難易度形状可能 円筒形のみ対応
 それぞれの使用用途により成形方法が異なりますが大雑把に
真空成形     本製品保護容器
押し出し成形   本製品
ブロー成形    液体挿入容器
 となります、押し出し成形と真空成形は似ておりますが大きな違いは
金型費です。例ばパレットの金型を製作すると押し出し成形では億単位
真空成形では80万位とされていました 総合的に見ても真空成形は
プラスチック成形の中で一番低価格で製品製作が出来る成形方法です。